2017 05 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
PleaseRead
ねこまたまめこは夢を見る。 へお越しいただきありがとうございます。

■ご挨拶■
本ブログは、管理人である yumi が書く、自作小説を主としたブログサイトとなっております。
素人の書く文章であるため、何かと不都合があるかと思いますが、楽しんでいただけたら幸いです。

■著作権について■
本ブログ内全ての著作権は管理人であるyumiにあります。
文章・画像等の無断転用等は行わないようお願いいたします。
※著作権について詳しくはコチラをご覧ください。
Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--⁄--⁄--(--) --:--


▲pagetop
無知な事は罪になる今
都心から今度は水が消えましたね。

職場にテレビは無いのですが、暇な時にネットで情報収集する人達が周囲に居る関係で、仕事中に「なんか都心でペットボトルの水が消えたらしいぜー」って情報を聞いたときは、本気で「はっ? なんで?」
と聞き返してしまいました。

水道水から放射性物質が基準値の3倍を超える値が検出されたとかいうニュースのせいだってと言われて、そこで初めてそんなニュース今朝やってたようなという事に気付いたわけですが、何をどうしてそんな問題になったのか見当がつかなかったので、私も暇な時間を見つけて色々調べてみた上で、職業上原子力には普通に詳しい父親と、情報収集の達者な兄から話を聞き、水消えた事件を元に、現状どういった対処をすべきかについてを以下にざっと纏めてみました。

専門外ではありますが、色々と調べた上での見解です。
信じる信じないは個人にお任せすることになってしまいますが、気にしている方や、単に興味のある方は続きをどうぞ。

一応発言には責任を持ちますが、何か文句を言われても謝ることしか出来ませんのであしからず……。



▼read more


スポンサーサイト


2011⁄03⁄23(Wed) 23:13
ジャンル:ニュース  テーマ:東北地方太平洋沖地震  カテゴリー:地震に負けんぞっ!
comment(0) trackback(0)
▲pagetop
クレイジーなのか? 日本人
震災が起きた次の日は、完全に帰宅難民だった私は、早朝に何とか帰宅し爆睡した後、友人達の状況を確認してそれらを皆に伝えたりしていたので、まったく遊んだりとかする余裕なかったわけなんですが、今回の三連休で、幸いにして休日出勤を免れた私は、二日連続で弓道場へと行ってきました。

まあ、ガソリン不足が深刻な状況だし、電車も動いているとはいえ、出たところで店が結構閉まって居て買い物もろくに出来ないしで、私の通う弓道場には結構な人数が来てました。

的が多いので、引くのにそれほど困る事は無いんですけどね。

2週間ぶりに顔を出したら、やっぱり結構帰宅難民になっていた人が居たみたいで、大変だったよねーって話を沢山したのだけれども、何故なのか、震災が起きた時の私と私の周りの人々の行動が「カッコイイ」と評判になった。

以下、簡単な箇条書きで震災時にどんな行動をしたか挙げておく。


・地震発生時、身の危険を感じる揺れに驚いて外に避難した
 →「あぶなっ!」と言いながらも、貴重品や携帯電話をちゃんと持って外に避難する

・電車が止まってしまったとのニュースが入った直後
 →「帰れそうかな?」「無理だったら泊りだな」と、初めから泊る事を想定に入れて居た
  早々にホテルを探し始め、タクシー会社などの運賃を確認し始め交通費が支払われるかなど話し始める

・電車が終日動かないとのニュースが入った直後
 →それほど多くないホテルが満室だったので、泊る事を決意する
  早々に水と水と食料など必要物資の購入を済ませる

・揺れが酷く仕事にならないので、早々に仕事を諦め情報収集に勤しむ
 →凄い速さで情報が入るので、皆ぐーたらしだし、気が向いたら少し仕事をする

・やっと電車が動いて帰れるとわかった時
 →ある程度運行が安定しだしているのを確認できたら即座に動く
  水、食料は誰が何と言わなくても皆持っていた
  同じ方面に帰宅する人は自然と集まり一緒に帰った



徹夜は日常。
泊りも日常。
非常事態が起こるのも日常。

そんなことに慣れた集団は、地震の時も普通に必要な事をこなして、普通に過ごしていただけなのだが、周りから見れば、「そんな冷静にできるかっ!」 と言う事らしい。

慣れって凄いね。


同じ時期に弓道を始めたお仲間の一人は、英会話スクールという外人が結構いた建物に居たそうで、外人がパニック起こして日本人を突き飛ばして逃げ出した様子を見て怖かったと言っていた。

地震に慣れて居ない国の出身の人であればしょうがないと思うが、他の国の人よりも遥かに冷静に対応をしている日本人を見て、他国の人はきっと、クレイジーだと言うに違いない。



そういえば、自衛隊が被災地に駆けつける速さは凄かったらしい。
一般市民が救助に来た自衛隊を攻撃する心配が無いからこそ出来る芸当だったとのこと。
同じ被害でも違う国だったら、助からなかった命が凄く多かったに違いない。
自衛隊。色々と問題はあるが、尊敬できる人々であるに違いない。


他にも面白い記事が沢山出ているので、ライフラインがかなりまともに機能している今日以降からは、そういった面白い記事があったら紹介していきたいと思う。

後、このブログの本質であるしょっぱい小説も、近日中に何か一つ挙げるつもり。


興味がある奇特な方は、今後もよろしくお願いします。




2011⁄03⁄21(Mon) 18:32
ジャンル:ニュース  テーマ:東北地方太平洋沖地震  カテゴリー:地震に負けんぞっ!
comment(0) trackback(0)
▲pagetop
ウエシマ作戦をご存じですか?
ネット上ではかなり話題になっている「ヤシマ作戦

でも、知らない人は本当に知らないよね。

ヤシマ作戦という言葉は、エヴァをご存じの方はなんとなくピンとくる方はいらっしゃるでしょうし
それくらい余裕だぜっ! って人も、少なくは無いかと思います。

エヴァ作中でのヤシマ作戦とは、攻撃兵器の電力を集めるために、日本中を停電にする屋島の作戦の事を言い、今回の震災により政府や東京電力が節電及び停電する呼びかけを行った事がそれに極めて類似している事から、現在ネット上で話題になったという訳なんですねー。

ええ。変に間違えないように、しっかり調べて今説明しましたよー。

んで、そのヤシマ作戦に続いて、今度は「ウエシマ作戦」と言うのが話題を呼んでいるようです。

これは、首都圏をはじめとする各地域で買いだめが深刻化しているため、それを改善しようとする運動の作戦名で、
お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部のコンビ芸である
『上島竜兵さんが周囲の求めるリアクションを拒絶』
⇒『他のメンバーが「なら俺がやるよ!」と次々に挙手』
⇒『美味しいところを持っていかれたたまるかと釣られて「じゃあオレがやるよ!!」と名乗り出る』
⇒『どうぞどうぞ』と薦められてしまい結局、最後は自分がやるハメになってしまうという一連の流れからヒントを得て生まれたものみたい。

見事によそからの抜粋説明だが気にしちゃだめだ。
でも、発想が素晴らしいよね。

「どうぞどうぞ」と譲り合う精神こそ、今一番必要な事なんだと思う。

皆も是非、「ヤシマ作戦」と「ウエシマ作戦」を実行し、これを成功させようっ!




2011⁄03⁄19(Sat) 00:13
ジャンル:ニュース  テーマ:東北地方太平洋沖地震  カテゴリー:地震に負けんぞっ!
comment(0) trackback(0)
▲pagetop
みんなで分け合えば、できること。
首都圏での買占めが被災地をより苦しめているのは明白。
私も「みんなで分け合えば、できること。」運動に参加します。

本当に必要としている人の手に、必要なものが届くように。

みんなで分け合えば、できること。


トイレットペーパー12ロール
  →トイレ1,000人分
ガソリン10リットル
  →ケガ人を搬送4人
パン1斤
  →食事1家族分
ガスボンベ1本[カセットコンロ]
  →あたたかいごはん10人分
おこめ5kg
  →おにぎり120人分
電池1個
  →ラジオ100人


今自分が少し不便をするくらいなんてことはない。
より多くの人の命を助けられるように、私は努力していきます。

▼read more




2011⁄03⁄17(Thu) 23:28
ジャンル:ニュース  テーマ:東北地方太平洋沖地震  カテゴリー:地震に負けんぞっ!
comment(0) trackback(0)
▲pagetop
ぐーぐるさんの神対応
計画停電が本格的に行われていますね。

実は、自宅が二つのグループに属していたため実際どっちかわからずに居たのですが、本日ようやく何処に属しているかがわかりました。

停電して。

計画停電によって電車が止っている時間帯があるので、帰宅できなくなる状況を避けるために運行状態のチェックは毎朝必ず行っているのですけれど、どうやら使用している鉄道と同じグループの所かと思っていたら違っていた。
計画停電終わってたはずだよなーとか思って駅を降りたら、なんか駅を挟んで左右の明るさが違うんだもん。
驚いたよそりゃあ。
暗闇の中を女一人で歩くのは、流石に危険なので懐中電灯(エネループ電池使用)を持ち歩いていたのですが、それが役立った。

ちなみに我が家には、父親が趣味で写真をやっている関係で、充電式電池がかなりあるので、電池には困っていない。

まあ、余談はさておき、やっとグループが判って帰宅までの道のりをのんびり歩いていたら、街灯が付いているところと付いていない所の境目がはっきりと判った。

そういや計画停電のお陰で職場が何度も停電する関係で仕事が出来ないという理由で、拠点を暫く停電しない都心に移り、通勤時間が30分も軽減された。
素晴らしい!

朝のラッシュは信じられないほど空いていたので、普段よりも遥かに乗換がしやすく、普段よりも到着が早かったし、グループ分けの境目はわかるし、職場もしばらくは近くなるしで、今日は相当幸運だったに違いない。

おしいのは、定期券の切り替えが一部窓口が閉まっていて出来なかった事くらいだ。
それくらいの残念な具合で丁度いいよね。
どうせ交通費は会社が全部出してくれるので遠慮なんてしない。
使った金額は全て申告するもんねー。


そんな、個人的な報告はさておき、本日職場の移動なんかもあって、微妙にのんびりしていた時、GoogleJapanのトップページにさり気無く登場していた、

東日本大震災に関する情報

というのをクリックしてみたら、ぐーぐるさんの本気を知った。

シンプルで見やすく地震関連の情報がしっかり記載されているので、これはとても役に立つ。

被災地情報、安否情報、計画停電の時間や実行具合、電車の運行状態を調べるのに適切なリンク、募金などの情報などがしっかりと載っているので、一度見てみると良いと思う。

▼read more




2011⁄03⁄16(Wed) 23:02
ジャンル:ニュース  テーマ:東北地方太平洋沖地震  カテゴリー:地震に負けんぞっ!
comment(0) trackback(0)
▲pagetop

| HOME | next >>

Profile

管理人 : yumi
年齢 : 26
性別 : 女
職業 : SE
備考 : ここ最近の優先度。仕事>越えられない壁>睡眠>読書>観劇>弓道>ゲーム>ニコニコ。…どうしよう。なにかものすごく間違っている気がする。

Category
Comment
Link
Counter
Ranking+Alliance
Search
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
ねこまたまめこメール便

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
blog chart

▲pagetop

Copyright © 2017 ねこまたまめこは夢を見る。. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。