2017 05 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
PleaseRead
ねこまたまめこは夢を見る。 へお越しいただきありがとうございます。

■ご挨拶■
本ブログは、管理人である yumi が書く、自作小説を主としたブログサイトとなっております。
素人の書く文章であるため、何かと不都合があるかと思いますが、楽しんでいただけたら幸いです。

■著作権について■
本ブログ内全ての著作権は管理人であるyumiにあります。
文章・画像等の無断転用等は行わないようお願いいたします。
※著作権について詳しくはコチラをご覧ください。
Update
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





--⁄--⁄--(--) --:--


▲pagetop
こんな奴らですが何か? 08
最近仕事の出来がよろしくない。

なんでこんな失敗するんだ? と自分で自分の仕事のでき無さに首を傾げるくらいに凄まじい。

いや、まあ心配には及びません。

それは言った、言わないのレベルの話だったり、ちょっとそれはないだろうとツッコミ入れたくなるような文句を言われて憤慨したりということで、失敗というよりしくじるというレベルの話ですので。


さて、本日は私が仕事で初プッツンした時の話。

SEの話とは少し離れて、どちらかといえば、私自身の経験談です。





わたくし、結構気が身近い方だと思っていたのですが、甘かった。世間をなめてた。



私、相当気が長い。



私と一緒のチームで一回り以上年の違う先輩社員は、ちょっと文句を言えばすぐに怒ります。
私のすぐ下の後輩が、怒られ過ぎて胃が痛くなって病院に運ばれるほどのキレ方する人でして、よくそんな人の下で耐えられるよねって、誰もが言います。

誰もがそう言う人の下で働いてます。

いえまあ、私の場合は女というのもあってあまり怒れないというのはあるらしいんですけども、基本的に理不尽な怒られ方をした場合は完全に聞き流しますし、余りにも理不尽だったら聞き流しますし、流石にふざけるなよと思ったら聞き流した上で、統率する上司に改善を要求します。

「あはは! もうほんと、いい加減にしてほしいんですけど!」

私が笑ってそう報告すると、真面目に対応してくれる上司に感謝です。

後で聞いたら、笑顔で怒るから怖いと言われました。上司に。


さて、そんな私がプッツンした時とは、ちょうど一年前に起きた出来事です。


当時メンバーが4人だった時、仕事としては3.5人分の仕事を常に割り振られるようになっているような状況だったのですが、あまりの仕事の量と、上司のまさかの入院プラス、後輩のぶっ倒れ事件にて、とんでもない仕事量を二人でこなさなければならない状況があったのです。

そして二人というのはよく怒る先輩と私のみで、経験の豊富さと自宅の近さで徹夜になる時は先輩社員が、その他徹夜なしで一日にこなさなければならない仕事を私が受け持ってやってたのですが、それがあまりにもキツかったのでプッツンしました。

プッツンといっても、盛大に怒り狂うという状況にはなりません。
友人いわく、私は本気で怒ると無口になって、話しかけるととげとげしくて、笑うと正直マジで怖い。
と言われる怒り方になります。

自分ではあんまり自覚ないんですけどねー。

怒れば怒るほど、これ以上怒らないようにと我慢するのもあって、一言一言に感情がとんでもなく出るんでしょうねー。

今のところ、何か物を投げたり、破壊したりしたことはありませんから、自分でもわからないほど起こった時にはどうなるかわからないのが怖いんですけどねー。

まあ、余談はさておき、そう、プッツンしたんですよ。こんな風に。

「すいません。もう持ちません。通勤の往復で3時間かかる上に、朝9時半から夜11時まで毎日出勤して、土曜も出て。徹夜明けで休む先輩も、体調不良で休む後輩も、体調面でどうしようもないから早引きする彼方もまだいい方ですよ。休めるんですもん。睡眠時間ありますもん。私ないですよ? それで有給くれないんですか。いい加減にしてください。ていうか、残業代なんて出なくていいから休みをくれっ。睡眠時間をくれっ」

ほぼ上記の内容そのまんまで上司に直談判しました。

よく語尾に「てめぇらふざけんなよ?」と言わなかったなと自分で自分を褒めてあげたいぐらいでした。

当時の心境としてはですけどね?

私は元々口が悪いし、思った事を率直にズバッと言うのもあわさって、仕事関係でどうしても付き合わなければならない人に対しては、それをあまり表に出さないようにしているのですが、流石にこの時はいろいろ表に出てました。

幸い直談判が功をそうし、一週間だけ午後出でという話になり、体調も元に戻ってひと段落。

ちゃんと仕事した上で直談判するのであれば、ちゃんと意見をきいてもらえるのだなと思った、ちょっとした思い出の経験談です。




今でもいろいろと怒りたくなる事はたくさんありますが、怒られるってことは自分にも何か悪い点はなかったのかな? とか考えると、そうそう怒らなくなるもんです。

あと、よく周りからは、「人のいいところ探すの得意だよねー」といわれるくらい、いいところどりを心がけているのもあって、プッツンの沸点は他の人よりも大分到達しにくい地点にありますので、滅多なことでは怒ることがありません。

その代り、文句は多いです。

文句言うのはただですからね?







怒るときは正当な理由で全力で怒ると、効力がありますよ。

そんなどうでもいい経験談でした。

ほんと、SE関係ないや。





↓伊達に戦うOLやってませんよっ?
FC2 Blog Ranking




2008⁄12⁄22(Mon) 23:00

comment(0) trackback(0)
▲pagetop

【 コメント 】


【 コメントを投稿 】












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


trackback URL

| HOME |

Profile

管理人 : yumi
年齢 : 26
性別 : 女
職業 : SE
備考 : ここ最近の優先度。仕事>越えられない壁>睡眠>読書>観劇>弓道>ゲーム>ニコニコ。…どうしよう。なにかものすごく間違っている気がする。

Category
Comment
Link
Counter
Ranking+Alliance
Search
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
ねこまたまめこメール便

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
blog chart

▲pagetop

Copyright © 2017 ねこまたまめこは夢を見る。. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。